知りたい!21世紀の海外販売・越境EC

知りたい!21世紀の海外販売・越境EC

日本の人口は約1億2700万人、それに比べ世界の人口は70億人超。この広大なマーケットに自社の商品を販売してみたい‥‥‥。

そうは思っても、一昔前までは海外への進出は夢物語で終ってしまうことも。しかし今日では外国への販売は決して夢ではなく、実現可能な目標です。

そこで今回のブログのテーマは

21世紀の海外販売の方法・越境EC

「越境EC」って何?と聞いたことがない方もご安心下さい。誰でもチャレンジできる販売方法です。


越境ECとは


「越境EC」は、「えっきょういーしー」と読みます。

越境とは国を越えること、ECはElectronic Commerce(電子商取引)の略でeコマースと呼ばれることもあります。

越境ECの定義

  • 国際間の取引である
  • インターネットを介した取引である
知りたい!21世紀の海外販売・越境EC

越境ECとは、インターネットを使って外国と商品を売買すること

例えば、アマゾンでアメリカの出版社から日本未発売の洋書を購入したり、ebayでコレクションのフィギアをフランスのマニアに販売するのも、越境ECです。

また越境ECと同じ意味を持つ言葉として、「クロスボーダーEC」があります。

海外に実店舗を持つ必要がない、テストマーケティング的な少ないロットの販売も可能などの点で越境ECは、注目を浴びています。


Webサイトは越境ECの「店舗」


越境ECで商品を販売する場は、インターネット上のWebサイトになります。しかし、考え方は実店舗の場合と同じです。

例えば実店舗で新たな土地に新規出店する場合、一般的なのは次の3つの方法です。

  1. 単独直営ショップ
  2. 大型ショッピングセンターなどのモールに出店
  3. 専門店などの他企業に商品販売を委託

これは越境ECに置きかえると、次のようになります。

  1. 単独直営ショップ → 海外向け販売自社Webサイトを構築
  2. ショッピングセンターなどに出店 → オンラインモールに出店
  3. 専門店などに商品販売委託 → 専門商品を扱ったWebサイトに販売を委託

越境ECサイト 具体例


実際に越境ECサイトを見てみると、更にイメージが掴みやすくなると思います。

オンラインモール(電子商店街)

サイト例は比較しやすいように、次のように統一してあります。

  • 英語サイト
  • 検索ワードは “japanese ceramics”

Amazon.com : 日本でも利用者の多い大手ECサイトのアメリカのサイト。 サイト例

ebay : オークション方式で販売価格を決定。  サイト例

アリババ : 中国で圧倒的な強さを持つECサイト。 サイト例  

楽天 : ご存知日本発のECサイト サイト例

専門店型

Wabi Japan : 伝統工芸品など日本の特産品を海外に販売

https://www.wabijapan.com/ja/

自社サイト型

JAPAN BLUE JEANS : 岡山県倉敷市のジーンズメーカーの海外向け販売サイト

http://www.japanbluejeans.com/shop/en/


タイプ別越境ECサイトのメリット・デメリット


どの出店方法にも、メリット・デメリットがあります。簡単にまとめました。

オンラインモール

長所:出店が比較的簡単。

短所:自社の商品が埋もれてしまい易い。

専門店型

長所:Webサイトの訪問者がコアターゲット。

短所:取り扱いを断られることもある。

自社サイト型

長所:好きなようにサイトを構築できる。

短所:サイト構築にかかる時間とコスト。

知りたい!21世紀の海外販売・越境EC

公的機関の支援体制


色々な公的機関が、越境ECの支援体制を整えています。

中小機構(中小企業基盤整備機構)

ベンチャー・中小企業の支援を行う独立行政法人。

「EC(eコマース)支援」内に越境ECの情報有り。

リンク→http://www.smrj.go.jp/venture/092993.html

経済産業省

電子商取引 (EC) に関する調査を平成10年度から毎年実施。

下のリンクからダウンロードできる平成26年度の報告書の第6・7章が越境EC関係。

リンク→http://www.meti.go.jp/press/2015/05/20150529001/20150529001-3.pdf

ジェトロ(日本貿易振興機構)

海外進出に関する幅広い情報を発信している。

越境EC関係のセミナーも全国各地で開催。トップページのサイト内検索で「越境EC」をいれると情報がヒットする。

トップページ→https://www.jetro.go.jp/


まとめ


「越境」と聞くと、現在、大きな国際課題となっている難民の国境越えや、学区外の学校に通う「越境入学」を思い浮かべる方が多いと思います。これらの言葉の「越境」は、境を越えるのは大変だというイメージがあります。

そのため、初めて越境ECと言う言葉を聞くと、「何か大変なこと」という気がするかもしれません。しかし越境ECで、国を越えるということは、それほど敷居の高いものではありません。

1月18日発行のブログ、「プレジデントNEXT (vol.10) からわかる「インバウンド」の今後」で取り上げたインバウンドと共に、越境EC もこれからの日本のグローバル化の鍵となる言葉ではないでしょうか。

来週はその現代のキーワード越境ECを最新データを使って更に掘り下げます。お楽しみに。

越境ECで海外とのお客様に英文メールで連絡しなくてはいけない、でも英語が苦手‥‥‥。
そんな時は、バーチャルスタッフ JP が作成したオリジナルPDF 「英文ビジネスメールが印象アップ!すぐに使えるフレーズ30選」(無料)をご活用下さい。
ダウンロードこちらから。

 

当ブログは2016年7月よりジャパン・ワールド・リンクで更新中!
ジャパン・ワールド・リンクのブログはこちら → http://japanworldlink.jp/blog/
こちらのブログが気に入られた方はぜひご覧下さい。