ぜひ使いたい!好印象を与える英会話フレーズvol.2

ぜひ使いたい!好印象を与える英会話フレーズNo.2

外国人のお客様と英語でのコミュニケーション、うまくいっていますか?

もうちょっと気の利いたフレーズが言えたらいいのに……

そんな皆様のために今月もお送りするバーチャルスタッフ JP セレクト

外国人に好印象を与える英会話フレーズ

今月のフレーズも、あなたの英語の印象をぐっとアップさせます!

フレーズ No.3
In essence

直訳:本質的に

事例や表面的なことではなく、何かものごとの本質について話したい時はありませんか?

そのような場合におすすめのフレーズです。

また結論を導いたり、それまでの話を要約するときにも使えます。

例えば

日本語:人生は山あり谷あり。私たちは、本質的には苦労なしでは成長不可能なのです。

英文:In life we need to go uphill and downhill. In essence, we cannot grow without hardship.

日本語:多くの意見を聞かされうんざりされているかも知れませんが、私はただあなたにがんばっていただきたいだけなのです。

英文:I might be annoying you with all my advice, but in essence I just want you to strive for your best

シリアスな場面で使うと、効果的に話をまとめることができます。

フレーズ No.4
One thing we (I) learned so far, ……

直訳意味:私たちが(私が)学んだ一つの点は……

「一つの点」には「重要な点」という意味が含まれています。

もし複数ある場合は

three things we learned so far (私たちが学んだ重要な3点は……)

のように、”one” をほかの数字に代えて使うことができます。

例文です。

日本語:私たちが学んだ重要な点は、クリエイティブなデザインよりも、慎重な計画が大切だということです。

英文:One thing we learned so far, is that careful planning is more important than creative design.

上の例文だとつい”important”を2回使ってしまいたくなりますが、こういった表現がさらっと口から出るとスマートですよね。

先月に続き、紹介したバーチャルスタッフ JPセレクトの英会話フレーズ、いかがでしたでしょうか?

どれも使い回しがきくフレーズばかりですので、まずは一度ぜひ実際に使ってみてください。

来月の使える英会話フレーズもお楽しみに。

英文メールを書くときのお役立ちフレーズは、こちらの弊社オリジナルPDF「英文ビジネスメールが印象アップ!すぐに使えるフレーズ30選」がおすすめです。

こちらから無料でダウンロードできます。

英語監修:新井美瑠香