ぜひ使いたい!好印象を与える英会話フレーズvol.2

ぜひ使いたい!好印象を与える英会話フレーズ 第三弾

外国人のお客様とのコミュニケーションの要、英語

通じることが一番ですが、できれば少しでもスマートな表現を使いたい……。

そんな皆様へ朗報です。

これを使えば中学生英語から脱出できる、バーチャルスタッフ JPセレクト

外国人に好印象を与える英会話フレーズ

あなたの英語の印象がぐっとアップします!

フレーズ No.5
Sorry about the distraction there.

:先ほど皆様の気の散ることが起こってしまって申し訳ありません

大事な商談の場で、なんと携帯電話が鳴ってしまった! Sorry だけでは気が利いていないし、どうお詫びしよう……

というときに使いたいフレーズです。

“distraction”は日本語で「気の散ること」。

上記の携帯電話の例のように、プレゼンテーションや商談中に何か気の散ることが起こってしまい、一言お詫びの言葉をはさみたいときにおすすめのフレーズです。

日本語の「失礼いたしました」と同じ意味合いで使うことができます。

できればこのフレーズを使わなくてもいいように、携帯電話の着信音には気をつけましょう。

フレーズ No.6
Without further ado

ごたごたせずに、前置きはこの辺にして

「ごたごたせずに」のあとに、「早速○○しましょう」の意が含まれているフレーズです。

例文です。

日本語:前置きはこの辺にして、早速新しいスタッフを紹介したいと思います。

英語:Without further ado, I would like to introduce our new staff.

日本語:前置きはこの辺にして、早速仕事にとりかかりましょう。

英語:Without further ado, we should get right to work

“ado”には、「騒ぎ」「騒動」「面倒なこと」などの意味があります。

adoを使ったこんな言い方もあります。

英語:Much ado over nothing!

日本語:つまらないことで大騒ぎだな!

バーチャルスタッフ JPセレクトの英会話フレーズ第3弾、いかがでしたでしょうか?

第1弾第2弾でも使える英文フレーズを紹介していますので、ぜひ1度実際にお試し下さい。

英文メール作成に便利フレーズは、こちらの弊社オリジナルPDF「英文ビジネスメールが印象アップ!すぐに使えるフレーズ30選」で紹介しています。

こちらから無料でダウンロードできます。

英語監修:新井美瑠香