skip to Main Content
振り返ってみた。英語化 X インバウンド

振り返ってみた。英語化 x インバウンド

政府は先月30日に、2020年の訪日外国人観光客数の目標を年間2000万人から4000万人に上方修正すると発表しました。

外国からの観光客が増えるにしたがってコミュニケーションに欠かせない英語の必要性も高まります。

ということで、今週のブログは

「インバウンド×英語ニュース」

先月3月のニュースの中から、観光関係情報の英語化のヒントになるものをセレクトしました。

ご参考になれば幸いです。

英語で日本の魅力を伝える

-3月22日:「奥会津」訪日客にPR 4カ国語ガイド作成 (河北新報)

記事リンク→http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201603/20160322_65006.html

-3月22日:水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」富士山・山中湖を4ヵ国語でガイドする自動音声ガイドシステム導入(富士急山梨バス株式会社)

プレスリリースリンク→http://www.fujikyu.co.jp/data/news_pdf/pdf_file2_376.pdf

-3月26日:外国人観光客をおもてなし 英語と中国語で案内するHP (ニュース和歌山)

記事リンク→http://www.nwn.jp/news/16032603_gaikoku/

-3月27日:ジオパーク糸魚川が英語アプリ配信 (産経新聞)

記事リンク→http://www.sankei.com/region/news/160327/rgn1603270010-n1.html

外国人がより日本を楽しめるように英語化

-3月26日:外国人歓迎 英語メニュー…墨田区 (読売新聞)

記事リンク→http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyo23/news/20160326-OYTNT50022.html

-3月26日:外国人観光客、指さし会話帳でおもてなし 豊岡 (神戸新聞NEXT)

記事リンク→http://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201603/0008927109.shtml

-3月28日:4月から、駅長室のある全駅に、訪日外国人向け「リアルタイム通訳サービス」を導入 (阪神電気鉄道株式会社)

プレスリリースリンク→http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/4045.pdf

外国人観光客から見た日本の魅力とは?

-3月18日:外国人目線で日本の魅力を伝える動画コンテスト「My Japan Story Video Challenge」受賞作品の決定について (JNTO)

プレスリリース→https://www.jnto.go.jp/jpn/news/press_releases/pdf/160318_press_release_new.pdf

日本政府観光局(JNTO)が募集したビデオコンテスト。

5000本を越えるビデオが集まり、その中から5本が受賞作品に。

こちらのサイトから受賞作品も含めて全ての応募作品が見られます。

http://myjapanstory.jnto.go.jp/en/

最新インバウンド×英語ニュース!2016年3月01

総務省と観光庁が今年1月に発表された「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関する現状調査」でも、外国人旅行客の日本に対する二大不満は「Wifi」と「英語」となっています。

日本の外国人観光客への英語サポートは発展途上ですが、こういったニュースをみると、英語化をすすめている自治体、企業などは確実に増加しています。

皆様の中にも非英語圏を旅行したときに、英語表記があってほっとされた経験をお持ちの方は多いと思います。

日本にいらっしゃる外国人の方にも、その「言葉が分かる安心」を感じていただきたいですよね。

弊社バーチャルスタッフ JPでは、英語化に関する幅広いご相談を受け付けております。お気軽にご連絡下さい。

Back To Top