ローマ字

意外と奥が深い、日本語のローマ字表記

会社名や商品名などのローマ字表記、何となくしてしまっていませんか。

ローマ字表記の会社名を、外国の方に間違って発音されてしまうことがないように、今回のブログは

実は奥が深いローマ字表記

海外の方との取引では基本中の基本です。

 

そのローマ字表記は訓令式、それともヘボン式?

「あれ、このローマ字、学校で習ったのと違う」と思ったことはありませんか?

皆さんが小学校の国語の時間に習ったローマ字は訓令式と呼ばれています。

参考:文部科学省「ローマ字のつづり方 第1表

訓令式は規則的で学びやすいのですが、日本語の発音と一致しない部分もあります。

そのためパースポートをはじめ、実社会では発音を重視したヘボン式を用いる場合が多くなっています。

参考:兵庫県旅券事務所「パスポートのローマ字つづり(ヘボン式ローマ字表記)

注意したいローマ字表記

ヘボン式表記の場合、訓令式と違う注意したい文字は次のものです。(カッコ内イタリック体は訓令式)

し → SHI  (SI)
ち → CHI  (TI)
つ → TSU  (TU)
ふ → FU  (HU)
じ→JI (ZI)
ぢ→JI (ZI)

しゃ→SHA  (SYA)
しゅ→SHU  (SYU)
しょ→SHO  (SYU)
ちゃ→CHA  (TYA)
ちゅ→CHU  (TYU)
ちょ→CHO  (TYO)
りゃ→RYA  (RYA)
りゅ→RYU  (RYU)
りょ→RYO  (RYO)
じゃ→JA  (ZYA)
じゅ→JU  (ZYU)
じょ→JO  (ZYO)

注意したいヘボン式のローマ字

議論があるローマ字表記

パスポートで使うローマ字表記のヘボン式は発音が重視されていますが、完璧というわけではありません。

そのため、「おおの」さんのように、「お」をのばす音が含まれる苗字の場合、「OH」がよく使われています。

パスポートセンターでも例外としてこの表記が認められています。

また群馬県の場合は、一般的につかわれている「GUNMA」とパスポート記載の「GUMMA」が違っているため、問題となっています。

参考:群馬県・群馬(ぐんま)のローマ字表記について

地名が含まれている社名を英語表記したいときなどは、通常使用されているローマ字表記を確認しておきましょう。

より発音に近いアルファベット表記を選択する方法もあり

より発音に近いローマ字表記を選ぶ企業

訓令式、ヘボン式などのローマ字表記にとらわれず、より発音に近いアルファベット表記を選んだ企業もあります。

たとえば「ソニー」「ミツカン」「マツダ」「キヤノン」などがあげられます。

発音を通常のローマ字表記にすると、それぞれ「SONI」「MITSUKAN」「MATSUDA」「KYANON」となりますが、皆さんご存知のように、「SONY」「MIZKAN」「MAZDA」「CANON」ですね。

ローマ字表記を決める前に読んでおきたいリンク

今回のブログをお読みになるまで、日本語のアルファベット表記は、ローマ字にすればいいだけだから簡単、と思われていた方も多いと思います。

ローマ字のおかげで地名・人名などの固有名詞や翻訳できない日本語を外国人の方に伝えることができます。

せっかくアルファベットで記載するのですから、できればできるだけ日本語の発音に忠実な表記をしたいですよね。

特に会社名や商品名など、重要なものをアルファベット表記にする場合は、一度決定する前に、外国人の方に正しく発音できるかどうか確認していただくことをおすすめします。